クレジットカードはただ単に後払いで支払いが出来るだけではなく、その他様々なお得で便利な機能が付帯されています。
各種保険や路上サービス、海外サービス、キャッシング、ポイント制度など利用をしない理由がみつかりません。 高額利用だけリボルビング払いにとどめ、1回払いの二次的な支払方法として選ぶと良いでしょう。
いろいろな支払い方法をその都度決め、クレジットカードをお得に利用ししていくようにしましょう。リボルビング支払は最も注意をして利用する必要があるクレジットカードの支払方法と言えるでしょう。
リボルビング支払では毎月の支払金額を予め指定することとなるので、残高が増えても支払金額はあまり変わらないのです。

 

リボルビング支払いは手数料負担が比較的大きくなっていることや残高が増えてしまっていることに気付きにくいことがあります。
全ての支払いをリボルビング支払で利用してしまいますと、手数料負担はかなり大きくなってしまいますのでご注意ください。インターネットを利用することで自宅に居ながら、ありとあらゆる物を購入することができ、自宅に配送されます。
しかしクレジットカードを持っていないとこのネットショッピングも利用出来ないこともあるのでまずはカード契約をしましょう。





川元誠一
URL:http://jpon.xyz/2007/9/5/308/327.html
川元誠一


損をしないで支払いをすることが大切ブログ:2019年06月11日

よく「お酒は減量中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
お酒はカロリーが高いから
減量の妨げになるということです。

確かに、お酒にもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
お酒が減量中によくない理由があるんです。

お酒を肉体の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする肉体のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
肉体のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも肉体には、他にもいろいろな役割があります。

ご飯の中の栄養分から、
筋肉などの肉体の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがお酒を飲むことによって、
肉体の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
お酒によって減量の進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
減量中、お酒はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むお酒の量ではなく、
お酒を飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切お酒を飲まない日を設定することによって、
肉体がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、減量に集中することができるのです。